カテゴリ:■ 普及指導活動2014( 139 )

米の品質・食味の分析

12月25日(木)。雪。1℃

お久しぶりになってしまいましたダーヤマです<(_ _)>
2週間くらいブログ書いていませんでした。

休んでいたわけではありません。
その間、各会議や研修会への参画、事業の取組状況確認、年明けから目白押しとなる各種成績検討会の準備等をやっておりました(^_^;)


さて、金山は今週もしんしんと雪が降っております。
そんななか22日(月)に郡山市にある農業総合センターにお邪魔し、米の品質と食味の分析を行ってきました。

今年の各試験ほの玄米を分析したのですが、もっとも食味値が高かったのは・・・なんと!昭和村で実施した直は栽培のひとめぼれでした
まさかの食味値90越え!
熟期ギリギリで、低温でじっくり登熟が進んだのが要因なのでしょうか(^_^;)

なお、米の食味分析は県職員でなくとも、農業総合センターに行けば、どなたでも実施することは可能です。
ただし、事前に予約が必要となりますので、詳しくは下記のリンクをご覧ください。
農業総合センター開放実験室の利用


というわけで、今年もそろそろ終わりが近づいています。
ダーヤマにとって今年は、関係機関と連携して取り組んだ肥料試験や、山間部での直は栽培への挑戦、大豆新品種の導入など、新しい取組をいろいろとやらせていただいて、激動の1年となりました。
来年は今年の取組をさらに飛躍させていけるようがんばって参りたいと思います!
みなさまも良いお年をお迎えください<(_ _)>

f0329538_15254346.jpg
(こちらは、今回使用した品質判定器です。玄米1,000粒を整粒と様々な未熟粒、被害粒等に判定することができます。)
f0329538_15263177.jpg

(こんな風に画面に表示されます。「その他」の内訳もすべて併設のPCにデータとして記録されます。)
f0329538_15270796.jpg
(こちらが食味計。見にくいですが、画面に食味値のほか、アミロース含量、タンパク含量、水分、脂肪酸度等も計測されます。)
f0329538_15281263.jpg

(少し字が小さいですが、米の食味値に関わる項目(アミロース、タンパク、水分、脂肪酸度)の説明が書かれています。)
f0329538_15284974.jpg
(農業総合センター開放実験室の壁に貼ってあったものです。ほう、米の貯蔵はやはり冷蔵が良いのですね。)
f0329538_15292365.jpg

(ここからは、おいしいご飯の炊き方が書いてあります。興味のある方は一読してみてください。)
f0329538_15300082.jpg

f0329538_15304702.jpg



[PR]
by kaneyama2014 | 2014-12-25 17:30 | ■ 普及指導活動2014

集落営農の所内研修会が行われました。

12月24日(水)。くもり。4℃(氷点下4℃)
(今朝は放射冷却で冷えましたが、日中は気温が上がり、路面の雪は消えました。)
 
今日は月に一度の職員会議でした。
当面の最重要協議事項である「次期普及指導計画」の作成作業の進め方、考え方などの職員間の目合わせが行われましたが、1月はこの作業に追われそうです(^^;
 
で、その流れで行われたのが「集落営農所内研修会」です。
なぜこのタイミングで行ったのか.....震災等発生以降、安全安心の業務最優先のため集落営農の推進まで手が回らず、その間、若い普及員の普及所に占める割合が増加し、そうした中で集落営農手法の若手普及員への継承が途切れていたことを受けたものです(まぁその他理由が数々)。
本庁の担当者様を講師に招き、わずかな時間でしたが、わかりやすくも深いお話しを聞くことが出来て(私は)勉強になりました。
若い普及員がどれだけ理解したかはわかりませんが、現場経験を少しずつ重ねて自分なりの普及指導スタイルを形成していって欲しいものです。
研修会の中で特に印象に残ったキーワードは、普及員は①スペシャリスト機能(高度な技術の普及)と②コーディネート機能を持つ中で、集落営農の推進にあっては、これまではコーディネート力の発揮が求められいましたが、時代が変わり、普及員自らが実際に計画、立案、実践までの役割を積極的に担う「ビジネスプロデューサー」にならなければならない!というご指摘がありました!
ビジネスプロデューサー」をウィキペディアで調べてみると「顧客や所属する企業が求めているであろう新しい価値観を伴った新規事業を立ち上げ、継続できる新しいビジネスモデルを構築する職業」と書いてあります。
まさにそのとおりだなと思いました。

今年の我が社の営業日も残すところ2日になりましたが、次期普及指導計画の作成へ向け、これまでの取組成果・課題等を早めに取りまとめ、ビジネスプロデューサーとしての役割が果たせるような計画づくりに着手したいと思います。
f0329538_16421769.jpg
我が県が目指す集落営農振興イメージ

【今日の普及指導活動のポイント!】
○研修等を契機に、若手普及員と集落営農について話す機会を増やすこと。


[PR]
by kaneyama2014 | 2014-12-24 19:30 | ■ 普及指導活動2014

12月22日の積雪は102cmです。

12月22日(月)、雪、氷点下1℃(16時現在)
 
先週から積雪情報しか発信していませんが、本当に大変です(^^;
朝と夕方に1時間弱の除雪を、ほぼ毎日行っています。
除雪をしないと、埋もれてしまいます(^^;
 
かねやま普及所がある金山の積雪状況ですが、先週の大雪で100cm以上降り積もった雪は週末に一時的な雨等により80cm程度まで沈みましたが、昨夜(21日)からの積雪及び本日(22日)の積雪により、また100cmを超えました。
新雪は30cm以上積もっています。
今回の雪は重い雪です。
明日まで降り続ける予報です。

f0329538_16413818.jpg

9時頃のかねやま普及所の雪捨て場(通常は町道)。
一時的に日が差しました。

f0329538_16413924.jpg
かねやま普及所のシンボルの桜の木の枝がまた折れました。
これで3箇目です...(^^;
f0329538_16361531.jpg
本県では奥会津と南会津が集中砲火を浴びています(^^;

【最近の普及指導活動】
○先週からですが、大雪の中黙々と次期普及指導計画の骨格を勝手に作成しています。
○経営安定対策加入へ向けた担い手支援等を役場と行っています。
○今年大発生したマイマイガの来春の対策等について役場等へ情報提供しました。
○今年実施した水稲の展示ほで坪刈りした玄米の成分分析などを行っています。
○耕作放棄地を解消するなどどした新規品目の導入などについて勉強会に参加しました。
○園芸産地振興について役場、JA等と協議しました。
○かすみ草産地の新たな取り組み等について打ち合わせを行いました。
○切り花の品質管理認証の取得へ向け準備を始めました。


〔マーボー〕

[PR]
by kaneyama2014 | 2014-12-22 16:37 | ■ 普及指導活動2014

JA部会の勉強会が行われました。

12月11日(木)。雨。2℃(-1℃)
 
今日はJAかすみ草専門部会の種苗勉強会が村公民館で行われました。
生産者をはじめ、種苗メーカー、資材メーカー、全農、役場等多くの関係者が出席し、今年度の栽培反省、出荷反省、市場動向結果検討、種苗勉強会等...内容盛りだくさんで行われました!
私(マーボー普及員)も、今年の栽培反省を主に新しい前処理方法の結果や展示ほで得た成果、新品種の特性、臭い抑制トリートメント、品管管理認証、市場訪問の結果等...一方的に盛りだくさんの話をさせていただきました(^^;
生産者の皆様については、引き続き「高品質の安定生産」「出荷率の向上」を図っていただきたいと願うばかりです!
  
さて、今日のメインは種苗メーカー4社からのお話しでした!
説明順は...
①カネコ種苗様
②スミカ(住化)農業資材様
③ミヨシ種苗様
④福花園種苗様
各社の頭文字だけを読むと「カスミ福」...カスミソウに福があることを祈念して、JAの事務局が仕掛けたようです(^^)うまい!
 
お話しの内容についても、各社が自信をもってお奨めする新品種...栽培データ等に基づいた情報はとても貴重な情報でした。
私も、来年以降の展示ほや試作品種試験の考え方について考えることが出来ました。
遠路はるばるお越しいただいた種苗メーカーの皆様、本当にありがとうございました!
 
こうした勉強会や市場訪問等に参加させてもらうと、本当に多くの方々の支えがあって花き産地が成り立っていることを強く感じます。こうした良い関係良い連携により花き業界全体がWINWINの関係になっていければと思いました。
f0329538_6305854.jpg
私の持ち時間は30分でしたが、5分ほど超過しちゃいました(^^;
f0329538_6305444.jpg
勉強会には多くの生産者が出席されました!
f0329538_6305588.jpg
カネコ種苗のトクヒロさんです。
f0329538_6305586.jpg
住化農業資材のカキヌマさんとナガシマさんです。
f0329538_6305635.jpg
ミヨシ種苗のタニさんとイナガキさんです。
f0329538_63057100.jpg
福花園種苗のマツナガさんです。
f0329538_6305738.jpg
新品種「プチパール」。
カスミソウにも様々な新品種が生まれています!
f0329538_09102697.jpg
マーボー普及員のスライドより(その1)
f0329538_09103805.jpg
マーボー普及員のスライドより(その2)
f0329538_09105162.jpg
マーボー普及員のスライドより(その3)



【今日の普及指導活動の反省!】
○実は今朝、今日使うスライド(パワーポイント)20枚の内容の確認を行ったのですが、ファイルを開いてみるとデータの半分が消えていました.....。笑えない朝でしたが、朝一の30分と昼休みの1時間でなんとか仕上げました。いや〜冷や汗もんでした。皆さんは注意しましょう(笑)

[PR]
by kaneyama2014 | 2014-12-11 20:32 | ■ 普及指導活動2014

水稲の最適な栽植密度とは

12月4日(木)。くもり雨。3℃

今日は、昭和村の(有)グリーンファームに農機メーカーのヰセキ農機さんを招いて、今はやりの水稲「(※)疎植栽培」の打ち合わせを行ってきました!

年々増える受託面積、そして今般の米価下落対策として、水稲の省力・低コスト技術が求められており、今年は「直は栽培」の実証をしてみましたが、次年度は、ヰセキさんの協力を得て、「疎植栽培」も実証ほとして試験的に実施してみることにしました。
現在の「坪60株植え」から、「坪42株植え」に挑戦してみたいと思います。

山間部での取り組み、そして、現在使用中の「育苗箱全量施肥」の疎植への応用など、慎重に考えなければならないことは多いのですが、来春に向けて、準備を進めたいと思います('◇')ゞ

直は、そして、疎植、そのほかにもさまざまな省力・低コストな稲作技術があります。
どの技術がこの地域、そして生産者に合うのか、慎重に考えて推進しなければならないと思っています。


(※)水稲の「疎植栽培」とは、普通の水稲栽培よりも、株間を広く田植えする栽培法のことです。一般的に、中通りや会津地方の平坦部のコシヒカリ栽培では、坪50株植え(株間約21cm)が多く見られますが、中山間地域やひとめぼれ栽培では坪60株植えや70株植えが多いです。株間を広くすることにより、使用する苗箱の数を減らすことができ、省力化・低コスト化がはかれます。しかし、普通の栽培よりも1株あたりの茎数を多くとる必要がありますし、品種により向き不向きがあることなど、(中山間地域では特に)注意点が多いです。


f0329538_21142109.jpg
(打ち合わせをするメーカーさんとグリーンファームの社長です。なお、写真左から2番目の方、我々の大先輩、本県の普及OBです。現在はヰセキ農機の顧問を務めていらっしゃいます。最近普及OBの方に協力いただく場面が多いです(^^))


【今日の普及指導活動のポイント!】
○技術が本当にこの地域や対象の農家さんにあうのかどうか、試験ほにして、実際にみなさんにみていただくのが一番かと思います。
○メーカーに普及OBの方がいると、相談しやすくて本当に助かります!


[PR]
by kaneyama2014 | 2014-12-04 22:19 | ■ 普及指導活動2014

26年産のカスミソウの販売(出荷)が終了しました。

12月1日(月)。雨。12℃(8℃)
(今日は一日雨...夕方から風が強くなってきました。)

週明けの今日は、先週の関西地方遠征のツケ(事務処理)をひたすらやってました(^^;
そして今日から師走!いろんな事が一気に進んでいく月に突入しました(><)
今年は普及指導計画の全面見直し等もあるので、様々な事を前倒しで進めたいものです。

さて、本日をもって、昭和村産のカスミソウの販売が全て終了しました。
関係した担当者の皆様、本当にご苦労さまでした。
6月5日、1箱からの出荷で始まった今シーズン.....最終トータルで約69,000ケースが全国の花き市場に出荷されました。
今年は8月下旬以降からプチ低温となり、その影響で計画的な出荷が出来ない状況の時もありましたが、個々の努力により市場要望などに対応できたのではないかと思います。

また来年...素晴らしいカスミソウを栽培し全国各地に届けられるために、いろんな準備を始める季節になりました! 
f0329538_10365844.jpg
記事とは関係ありませんが、11月にピンクに発色したカスミソウを水に挿していたところ、
退化した蕾の脇から新しい花茎が伸び見事な花が咲きました!
花弁数といい、冬期間に向く品種だと思います。



[PR]
by kaneyama2014 | 2014-12-01 20:39 | ■ 普及指導活動2014

ナタネのちょうどいい栽植密度とは。

11月28日(金)。晴れ。10℃

久々に、いい天気。抜けるような青空の下、ナタネ畑に行って参りました(^^)

昭和村野尻地区では、耕作放棄地を解消し、ナタネが作付されています!

近年、収量低下が目立つということで、施肥改善のお手伝いをさせてもらってますが、実際生育はどうなのでしょう。
今年は、数カ所、調査地点を決めて、越冬前と越冬後の生育を調査してみたいと思います!

今日は越冬前の調査ということで、調査地点を決め、苗立ち数をカウントしてまいりました。
ダーヤマ、ナタネの調査は初めてなのですが(^_^;)、県の指導指針をみますと、「最適栽植密度は10aあたり10万~15万本(成熟期本数)」と記載がありました。
つまり、冬を越して生き残った個体が、100~150本/㎡くらいあればちょうどいい、ということでしょうか。

さて、今日の調査ではほ場内で生育の良いところ、普通のところ、悪いところ、と3カ所調査してみました。
苗立ち数は、場所によりバラツキが大きいですが、平均すると、100~150本/㎡くらいでした。
越冬後もすべて生き残ってくれればちょうどいい密度なんでしょうが。。。
うーん、積雪期間が長い昭和村で、これらのうち何%が無事越冬できるのでしょうか。

来週には、早くも雪の下になるかもしれませんが、ちょっと不安がのこります。

f0329538_16212811.jpg
(一面ナタネです!)
f0329538_16220453.jpg
(割り箸とバインダひもで調査枠を手作りしてみました(^_^;))
f0329538_16222827.jpg
(これは比較的生育の良い部分)
f0329538_16224379.jpg
(こちらは平均的な生育の部分)
f0329538_16231582.jpg
(こちらは生育の悪い部分です。どのくらいで冬を迎えるのが最適なんでしょう。)
f0329538_16242321.jpg
(目印に青い調査棒をたてましたが、地上1mに赤いテープを巻いてみました。何の役に立つかわかりませんが、春先にあと何cm雪があるか調べられそうな気がしたので(^_^;))
f0329538_17084586.jpg
(こちらは少し前に組合のみなさんで石抜きをやっていたほ場ですね。石の影響なんでしょうか。ムラが大きいです。)
f0329538_17081909.jpg

(久々に気持ちのいい天気で、気分良く作業できました(^^))




【今日の普及指導活動のポイント!】
○疑問に思ったことはとにかく調査してみる!ことで何か分かるかもしれません。


〔ダーヤマ〕
>>>記事に関するお問い合わせはこちらから

[PR]
by kaneyama2014 | 2014-11-28 17:30 | ■ 普及指導活動2014

大阪の花き市場を訪問してきました(全日程終了)

11月28日(金)、晴れ、20℃(大阪)
(今までの人生の中で一番暖かい11月下旬を経験したと思います笑)

今日は大阪へ!
JA部会の方々との花き市場行脚3日目(最終日)でした。
さすがに3日目となるなると疲れが溜まってきましたが、なんとか乗り切りました(^^)

今回は、3日間で中部関西地方の花き市場6社を訪問し、様々なお話を伺ってきました。

市場担当者から伺った主な内容(情報、要望等)は…
①競合する他産地の動向について
②リレーする暖地の産地の動向について
③当産地の今年の品質、日持ち、入荷量、規格等に対する評価、反省点等について
④当産地に対する次年度の要望等について
⑤新しい取り組みについて

①については、トラック新規制や燃料価格高騰等に伴う輸送費の値上げにより、遠方の産地から荷が届かないという事態が起きているということ。また、2月の豪雪、産地の高齢化等により、地方生産力が予想以上に落ちている品目があること。

②燃油の高騰により、冬期間の入荷バランスが安定しないこと。無加温でも栽培可能な品種、品目のウエイトが高まっていること。

③クレームは無く、シーズン中は安心して取引することができた(御礼)。業務需要に対して積極的に販売することができた。季節によって需要の高い規格の入荷量を増やして欲しかった。規格の一部に販売しづらい規格がある。

④需要の高い規格の出荷量を増やして欲しい。染めカスミソウの出荷量を増やすとともに、様々な顧客のオーダーに対応して欲しい。品種構成は2大品種を当面は維持して欲しい。新品種の試作については常に取り組んで欲しい。

⑤新たな前処理技法による出荷に対するクレームは無かったことから、次年度から全面開始する。臭いトリートメント(カスミの減臭処理)については連携協力し、新たな顧客確保等に向けて対応する。新品種の試作状況等については定期的に市場評価をいただくこととする。

以上、個人的な解釈部分もありますが、今後、この内容を一つずつ掘り下げて、生産者とよく協議し対応していきたいと思います。

来週は関東圏の市場訪問です!
JA部会の皆様、頑張ってきてください!
(マーボー普及員は日程調整できず対応できませんでしたσ^_^;)

f0329538_1722815.jpg

f0329538_1722954.jpg

f0329538_17221053.jpg

f0329538_17221148.jpg

f0329538_17221173.jpg

f0329538_17221237.jpg

f0329538_17221292.jpg

f0329538_1722135.jpg

f0329538_17221463.jpg



【今日の普及指導活動のポイント】
○帰路にて(新幹線の中で)頭の中を整理しておくこと。
○ご当地グルメを堪能すること(笑)

〔マーボー〕
[PR]
by kaneyama2014 | 2014-11-28 17:20 | ■ 普及指導活動2014

名古屋、岐阜、京都の花き市場を訪問してきました。

11月27日(木)、晴天、16℃(9℃) >金山13℃(4℃)
(突き抜けるような晴天でした。)

今日は名古屋、岐阜、京都の花き市場を訪問しました(JA部会の方々との行脚2日目です)。

今日も様々なお話を伺いました。
カスミソウの一箱当たりの入り本数、品種、日持ち、臭い等への提案…また、他産地の動向などなど…。

一普及員として様々なお話を聞いて導き出した答えは「安定と継続」…かなと。
安定した生産、出荷、販売等が維持できるよう、これまでどおり必要な取り組みを継続することだと。
まだまだ修行不足のマーボー普及員ですが、今年の普及指導活動は間違っていなかったことを確認できました。


f0329538_942244.jpg

f0329538_942275.jpg

f0329538_942375.jpg

f0329538_942426.jpg

f0329538_942590.jpg

f0329538_942533.jpg

f0329538_942633.jpg

f0329538_942670.jpg

f0329538_942766.jpg



〔マーボー〕
[PR]
by kaneyama2014 | 2014-11-27 22:26 | ■ 普及指導活動2014

今年の水稲調査ほのデータをとりまとめました!

11月27日(木)。くもり。8℃

今日は、いろいろあって先延ばしになっていた水稲調査ほの収量調査結果をとりまとめました。

結果は下記です。

○移植栽培(昭和村作柄判定ほ)
・成熟期 9/24(9/19)
・稈長 73.7cm(78.2cm)
・穂長 18.4cm(17.8cm)
・穂数 487本/㎡(452本/㎡)
・精玄米重 602kg/10a(615kg/10a)
・千粒重 22.9g(23.1g)
・一穂籾数 67.8粒/穂(64.6粒/穂)
・㎡当籾数 33,000粒/㎡(29,200粒/㎡)
・登熟歩合 79.9%(91.2%)
(括弧内は過去5年の平均値)

○金山町コシヒカリ(平年値なし)
・成熟期 9/29
・稈長 87.4cm
・穂長 16.7cm
・穂数 417本/㎡
・精玄米重 528 kg/10a
・千粒重 22.4 g
・一穂籾数 72.3 粒/穂
・㎡当籾数 30,138粒/㎡
・登熟歩合 79.7%

(コメント)
平年より穂数、一穂籾数が多く、籾数は多く獲れましたが、8月下旬から9月にかけて低温・寡照の日が多く、登熟歩合は低いです。また、成熟期は平年より5日程度遅くなりました。


○直は実証ほ
・成熟期 10/21
・稈長 81.1cm
・穂長 17.7cm
・穂数 497本/㎡
・精玄米重 594 kg/10a
・千粒重 22.3 g
・一穂籾数 70.4 粒/穂
・㎡当籾数 34,980粒/㎡
・登熟歩合 80.8%

(コメント(直は))
今年の昭和村は、10/10頃に登熟停止温度(日平均気温15℃、日最低気温10℃)を迎えましたが、この日以降もなんとか成熟を続け、10/21に成熟期となりました。穂数が十分確保できたため、籾数が多く確保でき、多収となりました。ただし、移植栽培と同様、登熟歩合は低いです。
なお、上記の結果は10/8に坪刈りしたものですが、その後、10/17、10/23と2回刈り取りして品質を見比べてみた結果、下の写真のようになりました。少しわかりにくいですが、日をおうごとに青米が少なくなっています。
ただし、一番下の10/23のサンプルは、ダーヤマの籾すり作業にミスがあり、一部精米のようになってしまいまして、見比べられません<(_ _)>

f0329538_17214397.jpg
(10月8日刈り取り。出穂後の積算気温で約950℃。)
f0329538_17215755.jpg
(10月17日刈り取り。出穂後の積算気温で約1,070℃。)

f0329538_17220996.jpg
(10月23日刈り取り。出穂後の積算気温で約1,140℃。)


【今日の普及指導活動の反省・・・】

○今年は、いろいろなことが重なり、調査ととりまとめが遅くなっております<(_ _)>
○十分に乾いていない籾を籾すりしてしまったため、途中で詰まってしまい、一部が何回もロールを通ってしまい、精米みたいになってしまいました。反省です・・・<(_ _)>



[PR]
by kaneyama2014 | 2014-11-27 17:24 | ■ 普及指導活動2014


「2人だけの普及所で何をやっているんだ?」「そんな普及所あったのか?」...などと謎だらけの”金山普及所”の日々の取り組みを紹介します!


by kaneyama2014

プロフィールを見る
画像一覧

【ブログの留意点】
・このブログは普及指導員の業務の一環である調査研究として平成26年4月1日~平成27年3月27日まで運営(更新)しました。

・現在ブログの更新作業は行っていませんが、アーカイブとして閲覧可能にしています。 

【ブログ訪問者数】
 カウンター

カテゴリ

全体
金山普及所の紹介
■ 普及指導活動2015
■ 普及指導活動2014
■ 生産現場
◎ 気象・技術等情報
□ 四季・自然・人
□ イベント等
□ 特産品・地域資源
◆ お知らせ・記録等
未分類

記事ランキング

タグ

(94)
(56)
(20)
(19)
(18)
(18)
(14)
(14)
(13)
(13)
(13)
(11)
(11)
(11)
(11)
(10)
(10)
(9)
(9)
(8)

最新の記事

2015年度もブログでの情報..
at 2015-06-01 12:30
本日をもってブログの更新を終..
at 2015-03-27 14:30
情報発信の調査研究結果(^^..
at 2015-03-26 18:35
新生かすみ草専門部会始動です!
at 2015-03-25 20:20
金山は15cmの積雪です!
at 2015-03-24 08:30
来週からいよいよ水稲栽培がは..
at 2015-03-21 07:26
会津盆地(標高約200m)の..
at 2015-03-20 22:42
昭和村農用地利用改善組合連絡..
at 2015-03-18 23:04
プチ送別会を開いてもらいました!
at 2015-03-18 22:43
カスミソウ仮植、積雪200cm。
at 2015-03-17 19:31
第3回大豆・麦・そば生産振興..
at 2015-03-16 22:00
カスミソウの予冷を担う雪室に..
at 2015-03-16 21:11
カスミソウの学習会を開催しま..
at 2015-03-13 22:27
JA水稲部会金山支部の総会で..
at 2015-03-12 19:56
金山は重い雪が降っています。
at 2015-03-12 17:30
3.11から今日で4年目です。
at 2015-03-11 20:54
金山は久々の積雪です(^^;;
at 2015-03-11 09:30
カスミソウの学習会を開催しま..
at 2015-03-09 20:15
日持ち性向上対策品質管理認証..
at 2015-03-03 22:43
(有)昭和花き研究会の解散総..
at 2015-02-26 22:52

画像一覧

その他のジャンル

以前の記事

2015年 06月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月